肌の若返り術・くすみ・ニキビ対策

古い角質を除去、若く健康な肌を取り戻す。 ビタミンを皮膚に浸透させて若返り。

ケミカルピーリング

ケミカルは「化学的に」、ピーリングは「剥ぐ(はぐ)」という意味です。従来はグリーコール酸を用い皮膚最外層の角質層を減らす処置とされていました。当院では保湿に重要な角質層は減らさず、毛穴の汚れを取りながら真皮コラーゲンを増加させるサリチル酸マクロゴールをピーリング製剤として使用しています。ニキビの解消、肌の若返りに効果的です。

 

イオン導入

イオン導入、超音波導入はビタミンC誘導体、ビタミンA誘導体を効率よく皮膚に浸透させ皮膚を若返らせることのできる方法です。イオン導入は電子の反発力を利用しています。電気の力を使うため皮膚の奥深くまでビタミンが浸透し効果を出します。超音波導入は薬液を振動させ空洞化現象(キャビテーション現象)を起こし皮膚へ浸透しやすくします。超音波が細胞を揺り動かすことで休止していた細胞までも活性化していきます。さらに導入するビタミンの種類も方法に合わせて変更しています。

ビタミンCなどの水溶性栄養分は肌表面の角質層にはじかれて皮膚には浸透しません。そこでイオンの力を利用し電気的に希望の栄養成分を皮膚に浸透させるイオン導入術が必要となります。当院ではコラーゲンの生成にとても重要なビタミンC、Eや肌色を白くする成分:トラネキサム酸をイオン導入します。クスミ、シワ、ニキビに有効です。

超音波導入

イオン導入よりさらに高濃度の成分を皮膚に浸透させます。製剤はビタミンC,Eが主体となりイオン導入の約10倍濃度を顔面の希望部位に吸収させる方法です。適応はイオン導入と同じくクスミ、シワ、ニキビです。

ビタミンの種類

ビタミンC誘導体

皮膚のメラニンの生成を妨げる美白のビタミンです。 このビタミンがなければ皮膚の張りを保つコラーゲン、エラスチンの生成が促されません。 通常のビタミンCは、皮膚に吸収される前にすぐに活性が失われ効力を発揮できません。 誘導体の形で導入すると皮膚の中で有効なビタミンCへ変換されます。

ビタミンE誘導体

抗酸化作用を持ち、血流改善、美肌効果を持つビタミンEを導入します。ビタミンCとの併用で ビタミンEの作用が延長します。

ビタミンA誘導体(オバジ:デイリーPD)

このビタミンは皮膚の新陳代謝を高め、さらに皮膚の構成成分である表皮、真皮を厚くし若々しい弾力のある肌に変えてくれるのです。イオン導入や超音波導入には使用しませんが、毎日のお肌の手入れに重宝します。

施術の間隔

2週間に一度の処置で構いません。2種類を試す時にもそれぞれの効果を確認しながら 1週間以上は空けてください。長く施術を続けることで若い肌をキープすることが可能でしょう。 慣れた方は同時に行うことも可能です。

診療時間のお知らせ

午前10:00‐12:30 受診 ~11:30 休診 受診 受診 受診
午後14:00‐19:00 受診 受診 休診 受診 受診 受診

休診日:水曜・日曜・祝祭日

  • 0985-22-2695
  • 0985-22-2712
  • ページトップへ
皮膚科・美容皮膚科・泌尿器科 中野医院