ホーム > 診療のご案内 > シワ治療・輪郭形成

シワ治療・輪郭形成

肌の乾燥や紫外線、加齢による老化などの原因により増えてしまうシワ。
シワ一本あるかないかで一喜一憂してしまうのは、いくつになっても若くありたいと思うからこそ。
一人ひとりのシワの症状によって、最適な治療法を選択。悩みを解消します。

細かいシワに

ケミカルピーリング・イオン導入・超音波導入

紫外線の影響で皮膚は少しずつ劣化し、コラーゲンの減少や弾力線維の変性など皮膚は老化します。ピーリング製剤で肌を刺激したり、ビタミンC誘導体を浸透させることで、衰えた細胞を活性化します。

詳細はこちら

レーザー治療(クールタッチ、Vビーム治療、C-6治療)

皮膚の深部をレーザーで刺激するとコラーゲンや弾力線維が再生します。表面的には変化がないために仕事の休み時間にでも施術可能。初回は月1回の割りで6回繰り返すことをお勧めします。
その後は、肌が衰えたと思ったタイミングで繰り返します(半年に1回が目安)。

クールタッチ・Vビーム 詳細はこちら
C-6治療 詳細はこちら

オーロラ(フォトRF)

光と高周波(RF波)が皮膚深層を刺激すると、2~3週後から肌の構成成分(コラーゲン、弾力線維)が増加していきます。月に1度、3回以上繰り返します。

詳細はこちら

STリファーム(タルミがきになる方には特に有用)

赤外線と高周波RFを同時に照射してタルミを引き締めながら、細かいシワの改善、毛穴の開きの改善をはかります(月に1度、3回が目安)。

詳細はこちら

静止シワに

ヒアルロン酸注入

対象:眼じり、眉間、比較的軽度の法令線(鼻唇溝)、口囲、唇

やわらかく、安全性の高い充填物(フィラー)です。4~9ヶ月有効です。
その後、徐々に吸収されます。ボツリヌス菌注射と併用することがあります。

詳細はこちら (2階 診療部門 中野医院へ)

表情シワに

ボツリヌストキシン注入(ディスポート・ボトックス)

筋肉につながる神経末端をブロックしてシワをつくる筋肉の活動をなくそうという注射です。眉間・目ジリのしわをけすのに有効です。効果持続は約3ヶ月。注射回数が多い方ほど間隔をあけることができます。

詳細はこちら (2階 診療部門 中野医院へ)

輪郭形成:鼻、顎、頬

レディエッセ注入(長期持続型充填剤)

対象:法令線(鼻唇溝)、口角から顎のライン(マリオネットライン)

手術を希望しない場合に有効で、深く目立つシワに注入します。注入用インプラントとして開発された合成カルシウムハイドロキシアパタイトですので、安全かつ長期に維持されます。
12ヶ月をすぎるとインプラント剤が吸収され始めますので、1年半後を目安に再注入します。

当院院長はレディエッセを製造する会社から「Asian key doctor」(アジアで最も頼りになる医師)として国内3名の医師の1人として選ばれています。

詳細はこちら (2階 診療部門 中野医院へ)
前のページへ戻るページトップへ