ホーム > 診療のご案内 > あざ治療

あざ治療

生まれつきあるいは生後しばらく経ってから生じてくるあざ。
生まれた時からの付き合いとはいっても、場所によってはコンプレックスになっている人は多いはず。
赤あざ、青あざ、黒あざ、茶あざなど色調によって対処法は異なりますが、当院ではレーザー技術の発展や美容医療の進歩に合わせ、多くのあざ治療の実績を重ねております。
長年の悩みを解消するためにも一度ご相談を。

各種レーザー治療

あざの種類に合わせて最適なレーザーを選択し、数回の治療であざを消していきます。成長とともに大きくなるあざや幼少時に治療した方がより有効なもの、治療に反応しないものなどもあるのでご相談ください。

レーザー治療のメリット

異常なあざ細胞だけを破壊するレーザー光は出血もほとんどなく、キズが残りにくい治療法です。従来の外科手術のように周囲の皮膚まで気づつける必要がないのが長所です。

治療・治療後の注意

1回の処置で終わるあざ治療はありません。数回にわたり間隔をあけながら少しづつ治療していきます。赤あざにはダイレーザー、青や茶あざ、黒あざにはQスイッチレーザー、炭酸ガスレーザーなどを使用します。あざとレーザーの種類により施術後の処置が異なります。

詳細はこちら (2階 診療部門 中野医院へ)
前のページへ戻るページトップへ